ほぼ土曜週刊タイ生活

タイ生活とタイ国内旅行を楽しく

タイ現地採用を通して

さて、別ブログの復刻版が続きます。その前に・・・

 

 

まずはじめに

実はタイでの生活を終え、帰国しました。なんとなく最近はブログが手抜き、いや、内容がやや薄味なのは帰国などでバタバタしていたからです。また、帰国手続きやその後については8月以降に記載していきたいところです。

 

 

タイ現地採用での大きなイベント

祭りごとはどこの誰も好きですが、会社主催の大きなイベントで驚いたのは、この思い出でした。それは、スポーツ大会と忘年会。 もちろん、これはコロナ前のお話です。

 

まずは、外見から入るということで・・・

なんと今日だけのために従業員へ用意された特別なポロシャツがあり、チームを4つに分けられポロシャツのワンポイントで色分けされています。色はピンク、オレンジ、黄色、赤で私は赤でした。日本であれば、青や緑がありそうですが、さすが蛍光色の選択です。

 

スポーツ大会

去年まではマラソンなど本格的なスポーツ大会だったらしいのですが、今年からはお遊戯な感じ。

 

風船を潰すスピードをチームで競う

f:id:Manax:20191222141220j:plain

風船を潰すと中の粉?が破裂してそれが舞うので、私は逃げましたが皆さんはそれを楽しんでいました。それに、周りの写真撮影が多いですな。

 

他に、水風船をシートに乗せて次の人へパスするスピードを競う。 

f:id:Manax:20191222141313j:plain

ボールを思いっきり落とし、水風船が破裂、水が飛び散るうぅ!皆さん盛り上がります。写真中に私もばっちり写ってるんです。お探しあれー

 

写真でポロシャツの袖や襟元に色がありますが、それがチームの色分けです。結局私のチームは負けましたが、皆さん大盛り上がりでした。

 

ゲーム大会

スポーツ大会が終わると、次はゲーム大会。

f:id:Manax:20191222141616j:plain

それぞれのブースでビンゴやボールを的に当てるような、お祭りで見られるゲームです。商品はお菓子やぬいぐるみなど。同様に皆さん楽しんでおられました。もちろん、私も参加。

f:id:Manax:20191222141733j:plain

ここは一人一回必ずトライできる特別なゲームで、上から吊るされた紐を選び必ずプレゼントが何かしらゲットできます。

 

プレゼントの内容は、自転車(どうやって持って帰るの?)扇風機(良い思い出ないよ (笑))、炊飯器、クーポンなど。私は参加賞の200バーツクーポンが当たりましたが、使わないお店のクーポンだったのですぐに現金と交換してもらいました。

 

全てを忘れる忘年会のスタート

思いっきり遊んだ後、夜は忘年会という名のパーティのスタート!雨は降る心配も、寒い心配もないので、屋外のステージ会場で開催。

 

ダンサー、コックはスタンバイ

f:id:Manax:20191222142733j:plain

手前のお兄さんは誰よ?

 

コックさんたち

f:id:Manax:20191222142818j:plain

おじちゃん、油入れているのによそ見やめてー!

 

なんと後方には警察とナースも待機。

屋外なので、警察の許可も必要ということ、ケンカもあるようなので、警察は通常呼ぶそうです。しかもあるテーブルでは一緒にご飯も食べておられたので、そのテーブル周りは変な緊張感がありました。

 

横の草むらは、皿洗いと酔っ払いの介抱場所。

f:id:Manax:20191222143302j:plain

パーティでは大音量の音楽とダンス、そして景品の発表。

f:id:Manax:20191222143416j:plain

景品には、お昼のゲーム大会よりさらにすごいらしく、金塊、やたら大きいテレビなどらしく、人によって景品が月給と同じ金額になったり。私はもちろん、景品は当たりませんでした。 

 

皆さん、呑んで食べて、歌って踊り、倒れてました。通常話さない人とも、かんぱーいしたりと、私も楽しみました。

 

ステージのライトあっーーーぷ!!

f:id:Manax:20191222144025j:plain

 ま、まぶしい。話をしたくても、大音量の音楽で声はほとんど聞こえません。

 

なんと飲み過ぎて倒れ、ストレッチャーで運ばれた人もいました。その人は昼から飲んでいたようです。ナース活躍。

 

そして、次の日はケロっとパーティであったことを忘れている。メリハリよいね。

 

良い、悪い意味の両方です。そんな、タイのパーティ文化でした。

 

今年は最後のほうでタイ経済も悪くなりつつ、会社もあまり良い業績ではないのに、こんな盛大なパーティを開催。タイ人はこれをすごーく楽しみにしているので、予算は削ることができないらしいようです。

 

 

上司からのフィードバック

実は、忘年会ではせっかく私を雇った上司と同じテーブルで話す機会ができたので、フィードバックを貰いました。

 

 

上司が持ってきてくれた、ウイスキー。

f:id:Manax:20191222184355j:plain

年代もので12年が一番おいしいということで、持ってきてくれました。たしかに、呑みやすかったです。おっと、呑み過ぎに注意です!

 

 

上司へ一番聞きたかったことを聞きました。

「私は別分野の別職種で働いてきたのに、なぜ雇ってくれたのでしょうか」

 上司「技術者な感じを受けたから」

 

なんと、完結で分かりやすいご意見で、しかも私が目標としていたことです。

 

ただ、技術者って何?です。別の機会に上司に聞いたことがありますが、ステップごとに論理的に進めていく人のこと。

 

たとえ職種は違えど同じく仕事ができるだろうと思って雇い、今の仕事ぶりからも技術者である、と言って貰えました。

 

私にとっての技術者とは

私の名刺には、エンジニアと書かれています。 私は技術者として、大切にしていることは3つあります。

 

・事実と考察を分ける

・こうだからこう、とステップごと論理的に進める

・多角的に物事を眺める

 

とくに、3つ目は私の趣味のようにいろんなことに興味を持ち、それを通して得られた経験や知識は他の見方をするために必要と思っています。多角的だからこそ、点のものは線、三次元に見え、深みが増します。

 

今は新たな視点をもつために、日本を出てここ、タイで生活をしながら仕事をしていることにも通じます。ここでの経験が多角的に見ながら進み、そのなかで次が見えてきたら、いいなと思っています。

 

技術者として。そんな、自分の位置を再認識できた、忘年会でした。

 

タイ現地採用を通して

さて、帰国してタイで働いたことを振り返ります。会社からの命令での海外赴任(通称:海外駐在)ではなく自ら海外の仕事を探して移動(通称:現地採用)しました。

 

自分から選んで国を出ましたので、それなり責任や自己負担(移動費や居住費の負担)もありましたが、仕事内容は自由度が高く、楽しく過ごすことができました。しかし、「キャリアアップの難しさ」という壁にぶち当たりました。これはタイから帰国した理由の大きな理由にもなります。

 

現地会社ですので、現地人(私の場合はタイ人)を優先しますし、外国人としての価値(ビザ配給理由)が求められます。また最近はコロナ関係でどの会社も外国人に頼るのではなく、自国民でどうにか対処しようとする風潮です。そのため、海外駐在の多くの人が会社命令で急に帰国した話を多く聞きました。私の場合は、現地採用ですし得に問題ありませんでしたが、これからのキャリアを考えると自国に戻るほうが良いと思いました。

 

私の働いていた会社は私以外の現地採用もおらず、そのうえ前任者もいない状況でしたので、私のポジションはあってもなくても、会社運営に大きく関わりはなく、そのため引き継ぎもすんなり終わりました。

 

私の過去ブログで記載してきましたが、日本を出ることにより「外国人」としての見られ方、過ごし方を経験できたのは大きいです。とくに日本は島国で他国の人が少ないので、貴重ではないかと思います。また、タイ人の文化や気質からくる仕事方法も学び、それに打ち解けながらも日本人としての価値を知ることができました。

 

やはり重要なのは、「こういうこともアルアル」と受け止める力でしょうか。もともと、海外の人と仕事が多く旅行でも培ってきたつもりですが、自分とは違う考え方と衝突した場合にはこの考えが大切なのではないかと思います。それが、一番タイ現地採用として仕事してきたなかで一番学んだ内容であり、それが日本へのお土産なような気がします。

 

これから、この経験を活かせるようにしていきたいと思います。

 

タイ生活の良いこと悪いこと

復刻版ですが、これは最初に書いたブログ記事に追記をしました。当初に受けた印象を見返すのは考え深いです。

 

さて、今回はタイの新生活で、タイ生活の良かったこと3つ、驚いたこと3つを紹介したいと思います。良いこと3つも挙げれるかな・・・苦笑

 

 

良いこと3つ

1、知り合いになったタイ人が親切でフレンドリー

 部屋のオーナーはタイ人ですが、家の不具合があって連絡するとすぐに駆けつけてくれます。しかも約束時間は守ってくれ、すごく助かりました。

 また、不動産のことで知り合いになったタイ人女性(日本語話せる、旦那様は日本人)は2回も家の周りの人のパーティに呼んでくれ、知り合った家族の方もいろいろ気遣いしてくれて(お子様含め)、知り合いがいない私にとって、ほんとうに良かったです!

 

2、意外と涼しい

 ちょうど乾季なので、雨も降らずほとんど晴れてて湿気がありません(30℃くらい)。昼は暑いので無理ですが、朝夜は扇風機で十分過ごせます。

 

3、日本食が手に入る

 いろんな方から気にしてくれていましたが、タイでの日本食の入手。実は簡単に手に入ります!もちろん高いですし、全ての物は入手できませんが、味噌、醤油、お米、などなどあります。なんていっても、MaxValueが住んでいる場所から徒歩3分、24時間営業!日本の時より便利です(笑)

 

 

驚いたこと3つ

1、物価が高い

 タイは物価が安いイメージでしたが、日本と同じような生活を求めると生活費は日本と変わりありません。部屋は広くなりましたが、家賃は日本の時と変わりありません・・・日本食のレストランもありますが、だいたい50バーツ(約170円)が現地食事代としたら、日本食の定食になると150バーツ(約510円)。日本のランチ代より少し安いけど・・・最近は円安傾向で、さらに高いです。

 

2、水道水の硬水による影響

 日本は軟水、タイは硬水。今まで短い期間でしか海外に行っておらずあまり影響はなかったのですが、水道水を長く使うと影響が分かってきます。私にとって良いことは、便秘の解消ですが、髪がパサパサしたり抜けやすくなったり・・・涙 硬水から軟水へ切り替える浄水器を検討中。とりあえず、お肌に今は影響なしのため、良かったです!

 

3、PM2.5

  タイ渡航前からバンコクの大気汚染は知っていましたが私の住むシラチャも同様に大気汚染があり、今日はひどく靄がかかっていました。最近、喉が乾燥しているなーという影響があります・・・現在、清浄機購入を検討中です。

 

以上がとりあえず、タイ生活してもう少しで3週間で感じたことです。実はこの内容を2年住んだ後も同感する内容でした。

ちょい旅の下見~ロイ島とシーチャン島

今回も別ブログの復刻版です。住んでいる場所から一番近い観光場所です。

 

 

シラチャ近くの観光場所

シラチャの観光場所はどこだろうと探していると、シラチャの江の島と言われ、ガイドブックにも書いていないという島が近くにあるとのこと。

その名は、ロイ島とシーチャン島。

<figure class="figure-image figure-image-fotolife" title="Map">f:id:Manax:20190303165353p:plain<figcaption>Map</figcaption></figure>

 

ロイ島、シーチャン島への行き方

 シラチャの中心地、モールのロビンソン

  (徒歩25分)

 ロイ島

  (フェリー約40分、50バーツ/人)

 シーチャン島

 

ロイ島 Koh Loy

写真はプルメリアの花( リーラワディー )。

<figure class="figure-image figure-image-fotolife" title="Main">f:id:Manax:20190303165459j:plain<figcaption>Main</figcaption></figure>

なんとなく、沖縄な雰囲気。

 

この島はお土産屋もなく、飲食店もありません。
f:id:Manax:20190303165649j:plain

 

シーチャン島 Koh Sichang


シーチャン島のフェリーのスケジュール
f:id:Manax:20190303165915j:plain


ありがちですが、これはだいたいの時間であって、時間きっちりに発車しません。人が集まれば、ぼちぼち発車するか~みたいです。フェリーはチャーター便もあるようで、一般のフェリーはこちら。
f:id:Manax:20190303165949j:plain

一応ライフジャケットを羽織り出航。
f:id:Manax:20190303170033j:plain

二階は海風にあたりゆったりと。少し揺れますので、船酔いする人はご注意を。

 

雲をみていると、小さな悩みなんて「どうでもええやんー」という気持ちになりました。
f:id:Manax:20190303170153j:plain
f:id:Manax:20190303171459j:plain

 

ようやく、シーチャン島に到着!
f:id:Manax:20190303171521j:plain

すぐにバイクタクシーやトゥクトゥクの客寄せがやってきます。島一周だと一日250Bだそうです。
f:id:Manax:20190303170301j:plain

 

ちなみに、シーチャン島のトゥクトゥクはバイクの改造みたいな感じで、本島では見かけないタイプです。
f:id:Manax:20190303170323j:plain

 

少し歩いて回りましたが、暑いし坂が多いので2月でも汗ダラダラ。大きなリスが少し怖い・・・
f:id:Manax:20190303170357j:plain

 

さて、港と反対側にある島で一番綺麗と言われるビーチへ。


タンガンビーチリゾート Tampang Beach


f:id:Manax:20190303170449p:plain
f:id:Manax:20190303170617j:plain

たしかに綺麗!海辺ではシーフードが食べられるようです。次はここでシーフードランチにしようかな。
f:id:Manax:20190303170541j:plain
f:id:Manax:20190303170555j:plain
f:id:Manax:20190303171608j:plain

少しお土産も売ってあります。思い出に買うのもいいかもしれないですね。
f:id:Manax:20190303170752j:plain

 
さて、そろそろ帰路へ。港近くの露店、行きと同じものがそのまま売っている気がする。
f:id:Manax:20190303170834j:plain


帰りのフェリーは2階も屋根付き。
f:id:Manax:20190303170912j:plain


フェリーへ乗る足場は滑らないよう気をつけないと。
f:id:Manax:20190303171019j:plain

 

ロイ島からシラチャへ戻る途中。犬さん、倒れているのか寝ているのか。
f:id:Manax:20190303171107j:plain


いつもの生活と違う島観光、楽しかったです。こんなにお手軽に行けるとは…

 

タイの銀行関連トラブル

今回も別ブログの復刻版です。

 

タイのトラブルで一番ヒヤヒヤしたのは、やはり銀行関連です。今回は「主な」二つをご紹介します。

 

この頃、タイに来たばかりでタイのお金が少なくて、すごーーーくヒヤヒヤしました。

 

  

ATMでカード回収される!?

日本のクレジットカードでタイバーツを引き出ししようとすると、このような画面が・・・

f:id:Manax:20190129222227j:image

無駄に日本語訳が正確で分かりやすいです。

 

さて今のような余裕もなく、係員を呼ぼうか、ど、どうしようか、と。とりあえずは落ち着いて。

 

何気なくボタンを押していると、、、すんなりカードが返ってきました。

 

ん? なんやー脅しだけかいな。

 

すぐにカードを取らないと、タイでは防犯のためなのか?ほんとうにカードを回収されてしまうらしいです。容赦ありません。

 

この時に一番頼りにしていたカードなので、無事帰ってきてほっとしました。とりあえず、何かメッセージが表示されても、あきらめないことが肝心です。

 

銀行カードを無くす

ある日、ない、ない、無―――い

タイで作ったクレジットカードが無い!!事態に。

 

落とした?取られた??

 

タイの銀行カードができるまで、現金支払いのクセがあったので、クレジットカードをいつ使ったのか忘れてしまい・・・

 

即座スマホで銀行残高を確認

⇒残高は変わらずのまま

⇒とりあえず、良かった!

 

銀行のサポートデスクに電話

⇒金額の引出をストップ

 

さて、どこでカードを紛失したのだろう。最悪はカードの作り直し。

 

記憶をたどり唯一、思い出したのは会社近くの銀行でビザ関連の支払いをした時にATMでお金を降ろしたこと。
f:id:Manax:20190312180832j:image

そういえば、ATMから出てきたカードは取ったっけ・・・

 

その銀行にとりあえず電話

⇒何やら漢字のサインのカードがATMに残っていたとのこと。

  

それは私のカードかもしれない!漢字サイコー!(意味不明)

 

会社の上司に事情を話し、仕事を置いて銀行へ。(上司はニヤニヤしてました)

 

そして、銀行へ。漢字サインのカードは私のカードでした!!

 

ATMでお金を引出し後にカードをそのまま置いたままにしていたようです。つまり、事例その1「ATMにクレジットカードを取られる!?」の続き状態に。

 

日本のATMとは違いカード取り忘れの警告音も鳴りませんのでつい忘れてしまう。今後はお金、カードセットで忘れないようにしないと。

 

それに、よかったのは銀行併設のATMだったのでカードは保管しておいてくれていました。運が悪ければ即座にカードは裁断されてしまうらしいです。これまた容赦ありません。

 

とりあえず、ほっと。

 

銀行トラブルは、窓口対応になるのでヒヤヒヤです。ちなみに、この時銀行との対応はタイ人通訳にお願いして間を取り持ってくれました。だって、生活がかかっていましたので。きちんとカードが無事に返却されたあとは、タイ人の好きなつめたくてあまーい、ジュースを奢ってあげました。

 

今ではネタなお話でした。

 

タイの銀行支店長より

カードを保管してくれた、ありがたい銀行支店長のお言葉を紹介します。

 

支店長:カードを無くしても、返却されるなんてタイの銀行は優秀でしょ、優しいでしょう。

 

私:(心のつぶやき:いやー、システムは容赦ないですけれど)

はい、カードを無くして気が付くまで一週間経っていたのに、きちんと保管してくれて素晴らしいです。本当に感謝しています。

 

と心を込めて日本語で伝えました。もちろん上記の通訳に訳してもらいました。まるで日本で財布を無くしても帰ってくるようなありがたいお話でした。

 

みなさ~ん、タイの銀行は親切ですよ!

  

初のタイマッサージ

今回も別ブログの復刻版で、人気のタイマッサージについて。

お気づきの方もおられるかも。本日はアップ忘れそうになっていました・・・

 

バンコにある有名なタイマッサージへ行ったお話です。

 

f:id:Manax:20190314003711j:plain

有名なヘルスランドのAsok店へ。

www.healthlandspa.com

 

f:id:Manax:20190314002238j:plain

ここを選んだのはお手軽な価格で、優雅な雰囲気を味わえるお店と聞いたので。

 

いろんなコースがありますが、今回はタイマッサージ2時間コース 600バーツ(約2200円程度)にしました。観光客も多いと聞いていたので事前に予約しました。

 

お店は一戸建てで大きくホテルのような施設でした。日本人、韓国、中国人などマダムがたくさんおられました。

 

マッサージの流れ

①お金の支払い クレジットカードでは手数料がかかるようです

②名前が呼ばれるまで待つ

③靴を脱いで、スリッパ履き替え

④個室への案内

⑤着替え

⑥マッサージスタート

⑦マッサージ終了

⑧着替え

⑨チップを渡す

⑩靴の返却、お茶でゆっくりまったり

 

 

感想

私の部屋は2人用でしたが相方はいませんでしたので、のびのび過ごしました~

 

f:id:Manax:20190314002454j:plain

ホテルのようなベットメイクですね~

 

 

マッサージは足、脚、腰、背中、肩、首、頭という感じで全体に亘り、ごりごり、ボキボキとやられました。

 

全体的に痛かったです・・・とはいえ、背中のマッサージ中はぐっすり眠りました。

 

マッサージ後はすっきり(と思わせる)で次の日も大丈夫でしたが、人によっては揉み返しがある人もいるそうです。

 

けっこうダイナミックなマッサージなので食後1時間は開けたほうがよいですね。

 

 

 

チップ

日本文化にない、チップ。

都市部でこのお店価格帯であれば、チップの相場はだいたい40から100バーツのこと。血行が良くなり体が軽くなったし、眠れたくらい気持ち良かったので、私は100バーツを渡しました。

 

マッサージ後のお茶タイム

いいですね。ほっこりです。痛かったことをこの時は忘れるくらいでした。

f:id:Manax:20190314002556j:plain

思わず、もう一杯!と言いたいところを抑えて帰りました。

 

タイでの物価は上昇傾向にありますがマッサージだけは日本より断然安いと思います。ぜひ旅の思い出にもダイナミックなマッサージにチャンレンジしてみては。

 

今度は痛みがない、オイルマッサージにトライしてみようかな。

 

眠たい時のタイ処法

別ブログの復刻版です。

 

ねむタイ!!


コーヒーを飲む以外の方法で、タイで入手できるヤードムという眠気覚ましについて
書いて目を覚ましたいと思います。タイ人は一人に一個必ずといってもいいほど所持し、机の上またはポケットに持っている必需品です。

 

 

ヤードムとは


ヤードムとはヤー;薬、ドム;嗅ぐで「嗅ぎ薬」のことです。

メントール、ユーカリなど爽快感の成分で効果として嗅ぐと頭がすっきりしたり
眠気が取れたりします。他にも酔い覚まし、鼻づまり解消、虫刺され、虫よけにも使えます。


主成分としては、メンソール、ユーカリオイル、ペパーミント、レモングラスなどハーブやアロマ成分が入っています。

 

コンビニ、スーパー薬局、どこでも売っていてリップスティックのタイプの大きさなので持ち運びも簡単。


ばらまき用のお土産としてオススメです。他にもジェルタイプ、スティックタイプなど
もあります。ヤードムは眠気というより、常夏で暮らす人が考えたスッキリ感が貰えるカワイイ小物のような感じです。

 

お勧め品


私はかわいいパッケージのこちらがオススメ。
<figure class="figure-image figure-image-fotolife" title="mint">f:id:Manax:20190303164742j:plain<figcaption>mint</figcaption></figure>

 

眠気覚ましの方法


このヤードムで私は目が覚めるかというと、そういうわけではなく・・・

 

私はミャンマーにてこれを鼻の両穴につっこんでサングラスをかけた運転手のおじさんを思い出して目を覚まします。し

 

話では聞いたことありましたが、実際見ると衝撃でした。そのおじさんを思い出し笑いする。それにしても、あのおじさんは、きめてたなあ。

 

他にもこれは、つけて少しヒリヒリして目が覚めます。

<figure class="figure-image figure-image-fotolife" title="hirihiri">f:id:Manax:20190303164841j:plain<figcaption>hirihiri</figcaption></figure>

 

とはいっても、眠い時は眠い。一番良いのは暑い外を早歩きで歩いて、血行を良くさせること。



さて、暑い外を歩いて目を覚まそうか。ではちょっくら散歩してきます。

タイのフルーツ

別ブログ復刻版です。タイの南国フルーツについて

 

フルーツ売り場

タイに来て、驚いたことの一つはお店のフルーツ売り場が広いこと!南国スイーツのマンゴー、パイナップル、 スイカが常においてあり、それに屋台でもカットフルーツが売っています。
f:id:Manax:20190131012740j:image


f:id:Manax:20190131012752j:image

バナナの長さは小さいサイズ カワ(・∀・)イイ!!


f:id:Manax:20190131012806j:image

匂いがきついフルーツの王様ドリアン。とりあえず慣れるためにキャンデーやアイスを食べてトライ!
 

マンゴーの食べ比べについては、下記の過去ブログをご覧ください。

funfunfun2u.hatenablog.com

パパイヤ

有名なパパイヤ。こちらに来て初めてパパイヤを食べました。

 

フルーツとしても野菜としても使えるパパイヤ。知らずに熟れたパパイヤを二つに切った瞬間丸い黒粒がびっしり出てきたので、びっくり虫かと勘違いしました
f:id:Manax:20190131013023j:image

 

黄色スイカ

黄色スイカは初めて見ました

f:id:Manax:20210615175703p:plain
調べてみると、実は黄色がもともとのスイカの色らしいです。

 

赤はたまにできる色で、黄色より甘いので品種改良で赤を多く作るようにして主流になったとかとはいっても、黄色スイカも今は品種改良され甘いので食べてみても、赤と黄色ではあまり味は変わらないかと。

 

一応、リケジョっぽく成分の説明をすると

 

赤いスイカ

赤色をしたカロテノイド色素の一種である「リコピン」が豊富に含まれています。リコピンは、抗酸化作用があり、生活習慣病や細胞のガン化予防や老化の防止があり、メラニン発生物質の抑制をし、美肌効果もあると言われています。

黄色いスイカ

赤ではないので、リコピンが含まれておらず。黄色の色素である「キサントフィル」が含まれています。キサントフィルにについては、抗酸化作用があり、ガンなどの生活習慣病を予防、紫外線に含まれる青色をカットし、眼の疲労回復などの眼病の予防につながると言われています。

 

ま、どちらを食べても体にエエよーでいいですね

 

日本の時から毎朝スムージーを飲んでいる私にとってタイのフルーツ豊富はとってもありがたいです。

 

少しずつ、タイフルーツを開拓しています。